宝塚版「ルパン」

宝塚版「ルパン」上演決定!
情報を得た瞬間♪ルパン・ザ・サード♪のコーラスと共に登場する、赤スーツ・黄ネクタイ姿の龍真咲さんが目に浮かんだ。
やばい…それは観た過ぎる!
龍さんが「不ー二子ちゃーん!」とか言っちゃうのか!?
次元は誰?五ェ門は誰?銭形警部は誰?
と、テンション高く待ち構えていたところに詳細発表。
三世ではなく、おじいちゃん(初代)の物語であった。

70年間封印されてきた「アルセーヌ・ルパン」シリーズの未発表作「ルパン、最後の恋」のミュージカル化。
父を亡くした貴族令嬢カーラを襲う怪事件。
陰ながら彼女を見守る元怪盗紳士ルパンと姿を見せない強敵との死闘、そして最後の恋…
確かに、こちらの方がより宝塚的ではある。
しかし観たかったなぁ…龍さんの神出鬼没なルパン三世っぷり。

ルパンといえば、五右衛門が好きな私だが、あのむっつりなすけべなところがなんともかわいい。
タチながら、五右衛門がそばにいたら、むらむらとするのではないかと思う。

Posted in 日記 | 宝塚版「ルパン」 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.